女友達と映画館に言ったらセフレに

よく、異性の友達は成立するか?
なんて雑誌などで特集が組まれたりしますよね。
実際、私は肯定派でした。
女性の友達は何人もいましたし、仲良くなりすぎて異性を意識することなく、普通に飲みに行ったりすることもありました。同姓とは、また、違う雰囲気で、どちらかというと異性の方が気楽だな、と思っていましたね。
そんな異性の友達に、とても気さくな女の子がいたのですが、ふたりとも映画好きなので、その日も、ある映画をふたりで観に行きました。それがセフレになるきっかけでした。

映画館で

映画館は特別な空間です。映画が始まれば周囲は暗くなりますし、映像の雰囲気が閉じ込められた空気を変えていきます。
ふたりともマイナーな映画が好みでした。
ちょうど、そのときもフランスの少し難解な恋愛もの。
ただ、独特な映像美に酔いしれていました。
ストーリーの中盤あたりでしょうか。

ちょっと恐怖感のある展開になってきた頃に、突然、女の子が私の手を握ってきて、驚きます。
その友達、ホラー系どころかエグい描写のサスペンスが苦手でした。
そんな深い意味はなかったと思いますよ。
ただ、安心したかったんでしょう。気持ちを察した私は軽く握り返しました。
そしてラスト近くには本能に任せたようなセックス描写が流れます。
女の子の手はまだ握ったままでした。
離すタイミングをなくしたような気がします。ただ、女の子の手がうっすらと汗ばんできたようでした。
映画は終わり、客電がつきます。
それでも、女の子はイスから立ち上げれませんでした。いつもなら、カフェに直行して、映画の感想などを喋るのですが、そんな感じでもありません。
私は女の子の手をとり、映画館を出ました。

映画が終わってから

女の子の顔が、まるでさっき観た映画のように複雑な顔色だったのを覚えています。
青ざめているみたいな、かといって、少し赤らんでいるみたいな。
女の子は黙っています。
私の口から自然に言葉が出てきました。気分がすぐれないの?どこかで休む?と。

女の子は軽くうなずきました。
映画館は繁華街の真ん中にあり、近くにはホテルがありました。
そのまま、女の子とホテルへ。
私も性欲はあります。ただ、友達関係を崩したくないという欲求のほうが勝っていました。
途中で買った缶コーヒーを女子に渡し、だいじょうぶと言いかけたところで女の子が抱きついてきて、私の性欲は壊れます。

とうとう女友達がセフレに・・

ふたりとも、さっきの映画のように本能に任せたまま、お互いの服をぬがせて、ベッドに倒れ込みました。
初めて、女性を意識した瞬間だったかもしれません。
それから、映画館に行くことが暗黙の了解になりました。
終わるたびにホテルへ行きます。お互い、彼女や彼氏らしき人はいるので、完全にセフレですね。
友達関係を続けながらのセフレです。
ただ、最近、女の子が積極的でハマりかけているのが唯一の困っていることかもしれません。贅沢な悩みですね。

友人の彼女がセフレになった

ちょっとした友人の彼女とセフレになってしまいました。
ちょっとした、というのは大学の同じゼミで、最近、知り合いになったという感じです。
友人とは似たようなテーマの卒論を書いていて、ときどき、一人暮らしの友人宅で話していたりしていました。
まあ、けっこう、真面目な面での付き合いですね。

あの日は冬の寒い日でした

友人は居酒屋のアルバイトに行っていて、昼間から居ていたわたしは、そのまま友人のワンルームでこたつに入って、本を読んでいました。
軽く晩御飯を食べたので、半分、眠っていたかもしれません。
そんなときにベルが鳴りました。
誰?と思いましたが居留守をつかうのもわるいと思い、ドアを開けました。
目の前には友人の彼女。
気温の割には薄着だな、が第一印象でした。
何度か、会ったことがあるのですが、まじまじと顔を見たのは、これが初めてだったような気がします。

友人の彼女が登場

とにかく中に入ってもらいました。
友人がアルバイトに行っているのを知らなかったようです。
こたつに潜り込んだ彼女はしばらくすると、慣れた雰囲気でコーヒーをいれました。
しっかりと2杯つくってくれたので優しい彼女だなと思いましたね。
癒し系に彼女といっていいです。
顔とか表情とか、なんか安心できるタイプですね。
友人がたまに同じようなことを言っていたのを思い出しました。

世間話から彼女の相談話へ

黙ったまま、気まずいので軽く世間話を。
まあ、話題はつまらいないことです。
どこから、話がズレたのか分かりません。
気がつけば、彼女の相談になっていました。
友人は、どちらかというと感情が顔に出ないタイプです。
それがよく読み取れないことがある、そんな内容でした。

そしてエッチな話へ

そこから、少しずつ、エッチ系の話に。
どうやら、友人が淡白らしく、初めて男性と付き合った彼女は、そんなものなのか尋ねてきました。
そう、聞かれても悩みますよね。

でも、彼女の視線がものすごく真剣だったので正直に答えました。
彼女が心配していたのは、雑誌などでは男性は性的に積極的でどちらかというとカラダ目的に近づいてくるから気をつけましょう、とか書いてあるのに、友人がまったくそんな雰囲気でないことで彼女自身の魅力がないのが心配しているようでした。

最終的にはセフレに

わたしは否定して、もし、彼女みたいな女の子なら、すぐにでも襲うかも。
と、最後は冗談まじりに言って笑わせようと。
でも、彼女はニコリともせず、襲ってください、と言いました。
もちろん、その通りにしましたよ。
いただきます、ですね。
最高のカラダでした。
そのあとは友人と連絡をとらずに彼女と、たまに会うようになり、セフレですね。
愛情はありません。
ただ、本当に最高のカラダです。
少しずつ、開発されていく性の喜びに彼女も満足しているようでした。
いつまでセフレが続くかどうかは分かりませんが、卒業してからもセフレでいる約束をしてしまいました。
やめられませんね、これは。

エッチな女の子を見極めるポイント

今まで私は、比較的多くの女性とセックスをしてきました。ある日、とても激しいセックスをしていました。その子は「胸が小さい、童顔、背が低い」の特徴でした。そこでふと気づいたの事があったのです。それは、この3つの条件が揃っている人は、かなりエロいということです。

先日、友人の紹介でずっとメールをしていたAさんという女性と初めて飲みに行きました。ノリが良く、私が思うエロイ人の条件が見事当てはまっている人でした。
お互い酔ってきたタイミングで、私は冗談っぽく「僕の経験上、Aさんはエッチな人だと思うんだけど、どう?笑」と聞いてみました。すると、赤い顔になりながら「・・・・・うん。」と答えました。その後、雰囲気を見て、ホテルに行き、一晩過ごしました。

行為のあと、いろんな話をしました。そこで彼女は「実はサイトでセックスフレンド募集しているの。人には言えないけど・・・」と、言っていました。
改めて、私は自分の考えるエロイ人の条件に確信を持ちました。

このように、私はエッチかどうかを見極める時、「胸が小さい、童顔、背が低い」を確認します。私はこの方法だけでも、多くの女性をベッドに誘うことができました。重要な事は、いかにセックスやれる可能性を高めるかにあります。その方法として考えられる事が、ターゲットを絞ることです。是非、私の考える条件を使って、見極めてください。そうすれば、あなたの性生活も充実したものになるでしょう。

高校教師の私が教え子をセフレにするまでの経緯

私は現役の高校教師です。
担当は数学。
堅いと言われたりもしますが、深い数学の魅力に囚われた人間です。
抜け出すことはできません。
底なし沼みたいなものです。
そんな私が、教え子と、正確には元、教え子とセフレの関係になった経緯を語ります。
数学以上にセフレの深い魅力に囚われた、反社会的な高校教師の言い訳です。

セフレにした教え子とは

彼女は特別、数学が得意というわけではありませんでした。
どちらかというと苦手な部類だったと思います。
勉強熱心だったのは確かです。
メガネをかけてオシャレにもそれほど気をつかわないタイプでした。
放課後などに職員室へ来て、分からない問題の質問に来ていましたので、教師受けは良かったです。
無事に、第一志望の国公立に合格しました。
彼女なら余裕という感じです。
合格したときにはひとりひとりの先生に御礼の挨拶をするぐらい律儀で真面目な模範生といえました。

完全に大人の女性に変身

彼女が合格したのは地元でもトップに国公立で、次に高校へ顔を出したのは成人式の日でした。
別人のような彼女に驚愕します。
メガネからコンタクトレンズに変えて、化粧をしています。
もちろん、振り袖でした。
顔立ちから着物が似合うことは想像できましたが、その想像を超えています。
高校生だったときの印象は笑ったときのえくぼぐらいです。
あとは、完全に大人の女性でした。

私は正直な感想を言うと、頬を赤らめ、少し、高校生だったときの雰囲気が蘇ります。
なぜか、彼女の方から連絡先を尋ねられ、素直に応じました。
卒業生なら、よくあることです。
もちろん、高校在籍中は個人的にも厳禁としていましたが。
そのときには深く考えず、携帯の電話番号とメールアドレスを教えました。
数学教師としては思慮が足らなかったかもしれません。
思考がよく回っていませんでした。

しばらくして、元教え子から連絡が・・・

1週間後ぐらいに彼女からメールが届き、相談にのって欲しいと頼まれます。
休みの日に彼女の大学近くにある喫茶店で待ち合わせました。
内容は、夏休みぐらいから海外へ長期の留学を考えているという話です。
彼女は、語学力を活かした職業を考えていて、大学の交換留学に申し込んでいました。
相変わらず、大学でも成績は文句なく、必ず選ばれると教授からもお墨付きをもらったようです。
何を悩んでいるのか、と尋ねると黙っていました。

ようやく口を開いて出てきたのが、男性経験がない、という悩みでした。

教え子にお願いされセフレになったが・・

それで私に留学するまで相手になって欲しいというお願いをされました。
私もひとりの男性です。
迷いに迷いましたが理性には勝てませんでした。
それから、彼女との期間限定セフレが始まります。
完全に溺れているのは私のほうかもしれません。
今は9月にならなければいいのに、と思っている私がいます。
少しずつ性の喜びを覚えてきた彼女を手放すのが惜しくなってきました。
これが、元、教え子をセフレにしてしまった私の情けない話です。

元カノがセフレになってしまいました

わたしは元カノをセフレにしました。
付き合っていた当時、軽いノリだったおかげかもしれません。
別れたときも後腐れのない感じでした。
やっぱり、わたしたち、性格が合わないよね、そんな彼女の言葉がきっかけで、それじゃ別れようか、ぐらいでしたから。
最後は、お互い、イイ人、見つけようね、なんて言っていた彼女の笑顔を覚えています。

なんとなく元カノに連絡

だから、別れてから3ヶ月ほど経って、なんとなく、連絡をしてみました。
お酒が入っていて、寂しかったからかもしれません。
少し話して、2人とも、まだ恋人ができていないことを嘆いて、今度、飲みにいく約束をしました。
まあ、大人の社交辞令ですね。
よく、あることです。
でも、1週間後に催促のメールがきました。
内容は短く、いつ、空いてるの?そんな感じです。
そして、飲みにいく日時を決めるやりとりをしました。
下心がまったくなかったのか、と聞かれたら、それはゼロではありませんでした。
彼女もいませんでしたし、人恋しい気分があったことは事実です。
ただ、元カノと会うのは、それ以上に友だち感覚でしたね。

元カノとの二人きりで飲み会

飲みの場所は以前、恋人関係にあったとき、たまに寄っていた居酒屋にしました。
新しいお店とか探すのも面倒だったんですよね。
元カノも、そのほうが分かりやすくていいと了解してくれました。
元カノ、方向音痴なので、よく、迷子になって、待ち合わせ場所まで走ってくるのを思い出したので。
ひさしぶりに会ったときの印象ですか。
以前通りでしたよ。
それが嬉しかったのかもしれません。
自然に話せて、遠慮なく笑いました。
お酒も進みましたね。
さすがに、悪酔いの一歩手前ぐらいまでで止めましたけど。
アルコールのせいではありません。
話の流れでした。

何となく昔話になって、お互い、切ない気分になったのがいちばんの決め手なんでしょう。
お店を出たあと、そのままホテルに向かって、元カノは恋人だったとき以上に積極的でした。
終わったあとも気まずい雰囲気もなかったですよ。
ただ、元カノが、また会おうね、と胸に顔をうずめながら言ったのが印象的でした。
以前は、そんな甘えるタイプではありませんでしたので、少しだけ驚きましたね。
だから、元カノをセフレにしました、ではなく、元カノがセフレになってしまいました、という感じです。

その後も元カノとはセフレ関係を続けています

元カノとは、そのあとも定期的に会っています。
軽く飲みにいってホテルへ。
このパターンです。
彼女に戻ることはないでしょう。
その点は、元カノも割り切っています。
本当に彼氏や彼女ができたら会うのをやめようね、と口では言っていますが、自信はありません。
元カノも自分自身に言い聞かせているようです。
実際、元カノには言っていませんが、イイ感じになり始めている女性がいます。
もし、その女性と付き合うことになっても、元カノとのセフレ関係は続くような気がしますね。
それは元カノも同じように考えていると思っていますよ。
こんな生活、贅沢でしょうか?