元カノがセフレになってしまいました

わたしは元カノをセフレにしました。
付き合っていた当時、軽いノリだったおかげかもしれません。
別れたときも後腐れのない感じでした。
やっぱり、わたしたち、性格が合わないよね、そんな彼女の言葉がきっかけで、それじゃ別れようか、ぐらいでしたから。
最後は、お互い、イイ人、見つけようね、なんて言っていた彼女の笑顔を覚えています。

なんとなく元カノに連絡

だから、別れてから3ヶ月ほど経って、なんとなく、連絡をしてみました。
お酒が入っていて、寂しかったからかもしれません。
少し話して、2人とも、まだ恋人ができていないことを嘆いて、今度、飲みにいく約束をしました。
まあ、大人の社交辞令ですね。
よく、あることです。
でも、1週間後に催促のメールがきました。
内容は短く、いつ、空いてるの?そんな感じです。
そして、飲みにいく日時を決めるやりとりをしました。
下心がまったくなかったのか、と聞かれたら、それはゼロではありませんでした。
彼女もいませんでしたし、人恋しい気分があったことは事実です。
ただ、元カノと会うのは、それ以上に友だち感覚でしたね。

元カノとの二人きりで飲み会

飲みの場所は以前、恋人関係にあったとき、たまに寄っていた居酒屋にしました。
新しいお店とか探すのも面倒だったんですよね。
元カノも、そのほうが分かりやすくていいと了解してくれました。
元カノ、方向音痴なので、よく、迷子になって、待ち合わせ場所まで走ってくるのを思い出したので。
ひさしぶりに会ったときの印象ですか。
以前通りでしたよ。
それが嬉しかったのかもしれません。
自然に話せて、遠慮なく笑いました。
お酒も進みましたね。
さすがに、悪酔いの一歩手前ぐらいまでで止めましたけど。
アルコールのせいではありません。
話の流れでした。

何となく昔話になって、お互い、切ない気分になったのがいちばんの決め手なんでしょう。
お店を出たあと、そのままホテルに向かって、元カノは恋人だったとき以上に積極的でした。
終わったあとも気まずい雰囲気もなかったですよ。
ただ、元カノが、また会おうね、と胸に顔をうずめながら言ったのが印象的でした。
以前は、そんな甘えるタイプではありませんでしたので、少しだけ驚きましたね。
だから、元カノをセフレにしました、ではなく、元カノがセフレになってしまいました、という感じです。

その後も元カノとはセフレ関係を続けています

元カノとは、そのあとも定期的に会っています。
軽く飲みにいってホテルへ。
このパターンです。
彼女に戻ることはないでしょう。
その点は、元カノも割り切っています。
本当に彼氏や彼女ができたら会うのをやめようね、と口では言っていますが、自信はありません。
元カノも自分自身に言い聞かせているようです。
実際、元カノには言っていませんが、イイ感じになり始めている女性がいます。
もし、その女性と付き合うことになっても、元カノとのセフレ関係は続くような気がしますね。
それは元カノも同じように考えていると思っていますよ。
こんな生活、贅沢でしょうか?